今年はキルトで冬ごもり

 

こんにちは、スタッフのmariです。

クリスマスが終わりを迎えると一気に年末感がでてきますね。もうすぐ仕事納めの方も多いのではないでしょうか。年末年始の過ごし方はもうお決まりですか?

 

わたしはというと家で年越しそばの準備をし、「ガキの使いやあらへんで」を見ながらいつの間にか年を越す、というのが毎年の恒例です。

そんなリビングでぬくぬくしている時間、手放せないのがキルト。

年末にだからおすすめしたい、キルトの魅力をご紹介いたします。

 

 

夏は涼しく、冬は温かい。インドの風を感じるkapuwaのキルト

294adf7f2c19d0e27139

kapuwaのHOMEシリーズは、インド北西部にあるラタンガルという村で織られたカディコットンを使用しています。

カディコットンは風通しがよく、吸水性も速乾性も高いのが特徴。インドコットンだから、とても軽い。汗ばむ夏はさらっと使えますし、なかなか洗濯物の乾きにくい冬も乾きが早いため使いやすいですよ。

 

 

カディコットンの機能性のよさの秘密は、その作り方にあります。

まず糸の撚りから行うこと。チャルカという糸巻きの機械で、一つずつ手作業で紡ぎます。そして木製の織り機で織っていくのですが、柔らかい糸は切れやすく、その度に糸を結び直してまた織り進めます。よく言われる織りムラや不均一な風合いは、カディコットンならではの味わいなんです。これだけでも、とても手間暇かけて作られているのが分かりますよね。

 

手織りされたカディコットンは機械織りの生地とは違い、洗うたびどんどん柔らかく、肌なじみもよくなっていきます。手触りはまるでガーゼのよう。

直接肌に当たるからこそ、とことん生地にもこだわって作っているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらにキルトは中に綿を入れているため、空気を含んでとても温かいんです。裏は薄手のインドコットンを使用しているので、折り返して裏地を見せるのも可愛いですよ。

枕カバーとおそろい、なんていうのもいいですね。

 

 

どのサイズにする?サイズ別のおすすめな使い方

キルトはS/M/Lの三種類ご用意しております。

サイズによって使い方もさまざま。みなさんはどう使いますか?

 

bed

○ Sサイズ /size 110cm×70cm

オフィスでのひざかけや、リビングに一枚。

お子さんのブランケットやベッドカバーにもちょうどよい大きさなので、出産祝いに買われる方も多いです。

キルトMとセットで買って、お子さんとおそろいで使うのもいいかも。

 

○ Mサイズ /size 134cm×110cm

ソファーカバーやラグマットとして。お部屋をおしゃれに彩ってくれますよ。

またお昼寝用のブランケットとしても使いやすいです。

 

○ Lサイズ/size 220cm×134cm

シングルサイズのベッドだとベッドカバーにもなる大きさ。セミダブルだとベッドパットくらいです。

夏は夏掛けとして、冬はベッドカバーとして、使い分けるのもおすすめです。

半分に折りたためばMサイズと同じ大きさなので、ソファーカバーにも。大は小を兼ねるというやつです。

ちなみにわたしがリビングで手放せないのは、このサイズです。

 

見た目も可愛く、機能性も申し分なし。丸洗いもできちゃう頼もしいキルトを、今年の冬ごもりのお供に迎えてみては?

 

◆アトリエショップは12月30日まで、オンラインショップは27日まで営業しております。◆

 

09fa5564942c4c856495

キルトS ¥4,200(税抜)

キルトM ¥8,400(税抜)

キルトL ¥16,800(税抜)

※100%手織りのカディー生地のため、糸の結び目や織りムラ、糸の混入等ございますが、これもこの生地の大切な特徴ですので、切ったり引っ張ったりせずにご使用下さいね。

広告